沖縄県立桜野特別支援学校

名護特別支援学校(高等部)との交流会がありました

強い日差しに、夏の到来を感じる今日この頃。本校では、名護特別支援学校の高等部2学年との交流会が行われした。(6月25日)

交流会では、自己紹介やフォークダンス等、多くの企画を通して交流を深めました。

互いの自己紹介の場面では、名護特支の生徒が一発芸を披露するなど、大いに場を盛り上げてくれました。はじめは、こわばった表情だった本校の生徒も名護特支の生徒の皆さんの明るさや気遣いのある関わりに、次第に緊張も解け、ダンスでは楽しげに踊る姿が多くみられました。

お楽しみダンスでは、妖怪も登場。亀谷先生が1ヶ月の製作期間をかけた力作の「ジバニャン」でしたが・・・顔と身体のアンバランスさに本気で怖がる生徒も。しかし、音楽が流れ、ダンスがはじまると、ジバニャンの軽快なステップにみんなノリノリで参加してくれました。

7月10日には、名護特支の中学部と交流会だ予定されています。