沖縄県立桜野特別支援学校

読書月間スタート!

待ちに待った、読書の秋。朝夕の涼しい風が、本の奥深い世界へと誘う今日この頃です。

さて、本校においても、10月1日より、読書月間の取り組みがスタートしました。

児童生徒の読書に対する興味関心を高め、読書に親しむ態度を養うため、図書館司書を中心に様々な企画を展開しています。

中でも、目を引くのは、プレイルーム横廊下に特設された、お薦め本の展示・紹介コーナです。

生徒や職員がよく行き交う場所に、工夫を凝らした装飾で注目を集めるこのコーナ。図書館司書の先生が、紹介本や展示のレイアウトに毎日変化を加えるので、児童生徒はもとより、職員も自然と足をとめて本を手にとっています。先生方がお薦めする書籍の紹介もあり、児童生徒が興味を持つ掲示物となっています。

保護者の皆さんにおかれましても、来校した際は、ぜひ足をお運びの上、本を手にとってみてはいかがでしょうか。もしかすると、お子様と一緒になって読んでみたい本も見つかるかもしれません。

また、10月23日(金)には読み聞かせ会が企画されています。

当日は、「本部町にいしお文庫連絡会」の皆さんが来校し、人形劇を披露してくださる予定です。

詳しい日程等につきましては、先日「お知らせ」を配布しておりますので、ご確認ください。

年間通して、図書館司書が、授業の合間や朝の会等を利用して、読み聞かせ活動を展開しています。読書に親しむ機会が増えていると好評です。