沖縄県立桜野特別支援学校

小学部 校内合同学習 2月26日(金)

 緊急事態宣言発出中であることを踏まえ、予定していた校外学習を変更し、校内での合同学習を実施しました。

 ねらいは、「教科で学んでいることを生かして活動を楽しもう」です。学級ごとに用意されたお題をクリアしてパズルのピースをもらい、それらを合体させてパズルを完成するという流れで活動を行いました。学級ごとに実態に応じた活動を楽しみました。

 お題は学級の実態に合わせ、以下のような活動がありました。

①図書室の先生に楽器演奏を披露する(音楽)

②校長先生に英語で好きな色を尋ねる(英語)、校長先生の好きな色と同じ色のシールを枠にはる(算数)、引き算の問題に答える(算数)

③「電飾や光るおもちゃに視線を向ける、音や音楽に注意を向けて聴く(音楽、算数、自活等を合わせた活動)

 パズル完成の場面では、パズルの絵になっているセンター生3名がzoomで登場しました。パソコン越しではありますが、久しぶりに顔を見て名前を呼び合ったり、歌に合わせてダンスや楽器を鳴らしたりして楽しむことができました。

  hp_03.png 

hp_01.png  hp_04.png