沖縄県立桜野特別支援学校

学校行事アラカルトの最近のブログ記事

名護特別支援学校(中学部)との交流会

7月7日金曜日の七夕の日に、名護特別支援学校の中学部2学年との交流会を行いました。

交流会では、両校の出し物や合同ダンスで盛り上がり、また当日は七夕ということで

一人一人の願いを込めた短冊や笹飾りをグループで飾り付けながら、交流を深めることができました。

 

 

届け!平和への思い

6月19日、慰霊の日に向けて平和集会が行われました。

児童生徒会オリジナル企画

今回の児童生徒会オリジナル企画の内容は、みんなで楽しめるレクをお題として、児童生徒や職員にレクの募集をかけました。たくさんのアイディアが集まり、その中から児童生徒会役員で話し合い、「桜野借り物競争大会」に決定しました。当日は、児童生徒がお題を一生懸命探すのが印象的であり、また判定を児童生徒会役員で行い、厳しいジャッジなどで会場が盛り上がりました。「楽しかった」、「またやりたい」、「次は勝ちたい」などの声がたくさんあがり、大成功のオリジナル企画でした。児童生徒会役員がこの日のためにしっかり準備や練習を行い、当日もスムーズに運営、進行ができ、達成感に満ちた表情でした。   

児童生徒会オリジナル企画でケーキのプレゼント

12月20日(月)に児童生徒会オリジナル企画として、大玉ドッジボールが行われました。

小中高の全生徒がオレンジチームとグリーンチームの2チームに分かれ、熱戦を繰り広げました。

会の最後には、イオン琉球株式会社 マックスバリュー名護店よりクリスマスケーキのプレゼントがあり、児童生徒にとっては思い出深い会となりました。

第2回目の給食指導が行われました。

給食ができるまでの行程や工夫を知り、給食を作ってくださる方への感謝の気持ちをあらたにすることをねらいに第2回給食指導が11月27日(金)に本校プレイルームで行われました。

第12回 運動会が開催されました

秋空の下、柔らかな日差しが、ススキの穂を黄金色に染める11月22日の日曜日。第12回桜野大運動会が盛大に開催されました。

読み聞かせ会で人形劇

名護城から聞こえてくる虫の音に、秋の深まりを感じる今日この頃です。

そんななか、10月23日に本校では、読み聞かせ会が開かれました。

本部町立図書館を拠点に活動する「にいしお文庫連絡会」の皆さまが来校し、素読と人形劇を披露してくださいました。

読書月間スタート!

待ちに待った、読書の秋。朝夕の涼しい風が、本の奥深い世界へと誘う今日この頃です。

さて、本校においても、10月1日より、読書月間の取り組みがスタートしました。

音楽鑑賞会がありました

9月18日に本校プレイルームにおいて、音楽鑑賞会が開かれました。

今年度は、沖縄県立芸術大学OB会から8名の講師(演者含む)が来校し、琉球舞踊と組踊を解説を交えながら披露してくださいました。

花に親しもう、育てよう週間

9月17日に、「花に親しもう、育てよう週間」の取り組みの一環として「みんなで花を植えよう」と題して、全校児童で花苗の植え付けを行いました。

メインページ | アーカイブ | 中学部より »